桃色の豚

ただの豚野郎

意識他界系として生きる

こんばんは。

意識他界系女子代表の私です。

女子と言っていい年齢がいくつまでなのか分からないですが。

 

もう少し若い頃は色々と意欲的でした。

それこそもっと意識が高いというか、もっと色々知りたいとか新しいことをやりたいとか…仕事も、もっともっと…と欲張っていたような気がします。

 

しかし、2018年も終わりに差し掛かった今、そして平成すら終了しかけた今、私は一体どうでしょうか。

一言で表すと、「無気力」ですね。無気力…。

 

なんて言うか、特にやりたいこともないし見たいものも行きたい場所も無いんですよね。

体と心が何も求めてない。

 

でも、死にたいとかそういうのはなくて。死ぬのは死ぬのでめんどくさいから、消去法で生きるしかないな、みたいな。

 

まさに意識他界系。

 

このあいだ友達から仕事中に業務用チャットで

「来期の目標決めなきゃいけないんだけど、特にない。」

と来ました。いや、業務用チャットを私用で使うなって話ではあるんですが、それはひとまず置いておいて。

 

なので

「強いて言うなら生きることかな」

と返したのですが、全く同じタイミングで向こうからも

「強いて言うなら生きることだね」

と来ていました。

 

類友ってこういうことですかね。

 

買ってよかったもの

突然ですが、買ってよかったもの。

 

ユニフレーム(UNIFLAME) 不思議なめし袋 663011

ユニフレーム(UNIFLAME) 不思議なめし袋 663011

 

 

炊飯器を洗うのが面倒だし、お米をまとめて炊いても冷凍したまま忘れる可能性の方が私には高いので、都度ご飯を準備する用に買いました。

ちょっとサラサラになるし、ぜんぜんエコじゃないけど研がなくていいし、30分くらいで出来るしとても良い。

アウトドア用品ですけどね。まぁ、私は大都会のコンクリートジャングルで常に遭難中みたいなもんですから…。